--年--月--日

●スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006年07月26日

●窪之内英策『ショコラ』

今日は窪之内英策のコミック『ショコラ』を紹介します。

comicchokolat.jpg

この作品は(一時期数年の連載休止がありましたが)僕が毎週買っていたstrong>ビックコミックスピリッツを連載されていました。

簡単にストーリーを説明すると…

大金持ちの令嬢辰巳千夜子は父の経営する会社が突如倒産。さらに父は失踪し、身寄りのない千夜子が駆け込んだのが千夜子を産んで駆け落ちした母摩耶の夫小麦松吉の許だった。実はその松吉は以前は有名暴力団小麦組の組長で現在ケーキショップ摩耶を営んでいる異色の経歴の持ち主。そして母である摩耶は先日交通事故で亡くなり、千夜子は松吉とかつて組の構成員だった市吾らと一つ屋根の下で暮らすことになる。

まずこの作品最大の魅力は絵が綺麗だということ。

特にヒロイン千夜子は本当にめんこく(北海道弁で「かわいい」)描いています。

ではストーリーの方はどうかというと…後半にいくにしたがってつまらなくなった感想を持ちました

というのも次第に過激になり、読んでいて共感も出来ないし、ついていけなくなったことが原因だと思います。



実はこの作品はドラマ化されています
doramachocolat.jpg



2003年にTBS系の昼の時間帯に放送されました。

千夜子役に大塚ちひろ。彼女は第5回東宝シンデレラガールで審査員特別賞を受賞し、以来映画「いま、会いにゆきます」、ドラマ「ヤンキー母校に帰る」「白夜行」などに出演し活躍しています。(ちなみに第5回東宝シンデレラガールのグランプリを受賞したのが映画番セカチューのヒロイン役の長澤まさみ)

僕が大塚ちひろをはじめて見た作品がこの「ショコラ」だったので、いまでも記憶に残っています。(確か大塚ちひろの初主演ドラマのはずです)


今もかわいいけどこの時の増量していない大塚ちひろはかなりめんこいですよ^^



【リンク:ドラマ版「ショコラ」公式HP





ドラマ化されたのを知ってる人も知らない人もクリックしてね^^

スレッドテーマ:マンガ:アニメ・コミック

メイン

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。