--年--月--日

●スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006年07月08日

●NHKスペシャル「映像の世紀」

今日は1995?1996年にNHKで放送された「映像の世紀」について。

eizounoseikitop.jpg



この番組はNHKの放送70周年を記念して、アメリカのABCテレビとの国際共同取材で作られた番組です。

1895年にフランスのリュミエール兄弟が発明した活動写真映写機の「シネマトグラフ」というのがあります。これにより動く映像による記録を残すことが可能になりました。

ちなみにシネマトグラフの発明より4年前の1891年にエジソンによって活動写真受像機・映写機の「キネトスコープ」が発明されました。リュミエールのシネマトグラフは今の映画のようにスクリーンに映像を映し出すのに対して、エジソンのキネトスコープは一人一人が覗き込んで映像を見るという違いがあり、「映画を発明したのはリュミエール兄弟」というのが一般的となっています。


さて、話を戻しますと…内容は今までの映像記録を集めて20世紀の100年がどういう時代であったのかを見るというものです。


この番組は全部で11回放送されました。

第1集「20世紀の幕開け」 カメラは歴史の断片をとらえ始めた
第2集「大量殺戮の完成」 塹壕の兵士たちは凄まじい兵器の出現を見た
第3集「それはマンハッタンから始まった」 噴き出した大衆社会の欲望が時代を動かした
第4集「ヒトラーの野望」 人々は民族の復興を掲げたナチス・ドイツに未来を託した
第5集「世界は地獄を見た」 無差別爆撃、ホロコースト、そして原爆
第6集「独立の旗の下に」 祖国統一に向けて、アジアは苦難の道を歩んだ
第7集「勝者の世界分割」 東西の冷戦はヤルタ会談から始まった
第8集「恐怖の中の平和」 東西の首脳は最終兵器・核を背負って対峙した
第9集「ベトナムの衝撃」 アメリカ社会が揺らぎ始めた
第10集「民族の悲劇果てしなく」 絶え間ない戦火、さまよう民の慟哭があった
第11集「JAPAN」 世界が見た明治・大正・昭和


学校の歴史教育は教科書はじめの古代文明からスタートして、近現代史はほとんど手をつけられないということが多いと思います。実際に僕も世界史を受験科目にしてたのですが、15世紀の大航海時代までしか学校では進まず、それ以降の歴史は自分でフォローをしました。

でも個人的には近現代史こそしっかり学校で習うべきだと思うんです

その根拠は現代の日本と世界情勢を見るのに近現代史の知識が非常に役に立つから

例えば現在イスラエル軍がパレスチナ自治区のガザに侵攻しています。ところでニュースでよく出てくる「パレスチナ問題」って何?とかです。
(ちなみにパレスチナ問題を歴史的に理解する際に以下のキーワードがあると思いますよ。ディアスポラ、シェークスピア『ベニスの商人』、約束の地、第一次世界大戦、ロスチャイルド、フサイン・マクマホン協定、バルフォア宣言、サイクス・ピコ協定、イスラエル、中東紛争、PLO、オイルショック)


膨大な映像史料を見事に繋ぎ合わせ、さらにNHKアナウンサーの山根基世のナレーションと加古隆の音楽が組み合わさり非常に見ごたえのある内容になっています



これは第4集「ヒトラーの野望」を見て感じたことなんですが、今を生きる私達とメディア、宣伝との付き合い方を考えずにはいられませんでした


というのも各種マスコミによる報道には彼らの信じている思想や意図するものというフィルターを通して、我々に情報が伝えられます。

このフィルターが悪用されると情報が大きく捻じ曲げられ、捏造報道などで国民をミスリードする可能性を秘めているわけです(だから某朝○新聞は個人的に大嫌いです^^)。

よって我々に必要なことは報道や映像の中から正確な情報を取り出すことにあると思います。(当然マスコミ選びも大切ですね)


ですからこの番組の内容も制作側のNHKの考える歴史観というフィルターを通じて作られたものなので「中で描かれている内容を完全に鵜呑みにしてはいけない」と思います(論争が起きている南京大虐殺はあったというナレーションがあったのが少々気になったので記しておきます^^;)。


あれこれといちゃもんをつけましたが、20世紀を概観するのにうってつけの番組だと思います

1995年の放送以降、何度も再放送されましたが、毎回見ていますし、少しずつですがDVDを買い揃えています。(非常に高価のでチビチビ買っています)


あと大学受験で世界史選択を考えている人にとっても現代史を勉強する際の補助教材として使っても良いと思います(経験者うんぼぼ談)。




最後にこの番組サントラも結構オススメです。
isparisburningjacket.jpg

加古隆「パリは燃えているか」
(NHKスペシャル「映像の世紀」オリジナルサウンドトラック完全版)






語りすぎちゃったけど、もしよかったらクリックしてね^^


スレッドテーマ:懐かしいテレビ番組:テレビ・ラジオ

メイン

コメント

●観たかったです
こういう番組は大好きです。
うちはタイなので、NHK衛星なのですが、放送したのかどうか・・・観たかったです!
解説、ありがとうございました。

コメント

●ぺガサス さん
僕の記憶だと年末に再放送されることが多いです。

番組の内容としては非常に良い出来で、
見て損はしないと個人的には思っています。

コメント


大学の図書館でみました。
しばらく通いつめていたのですが、
当時はいろいろと見ました。
これは中でも印象が深いものですね。

コメント

●織彦 さん
はじめまして。
コメントありがとうございます!

僕の通っている大学の図書館にもありましたよ。
結構見ている人が多かったのを記憶しています。

そう考えると「映像の世紀」って織彦さんのように
多くの人にとって非常に印象深いものなのかもしれませんね。

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。