--年--月--日

●スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006年06月27日

●今井美樹「Ivory」

今日は1989年に発売の今井美樹のアルバム「Ivory」についてです。

ivory.jpg


◎曲目リスト
夏をかさねて
とっておきの朝を
ポールポジション
彼女とTIP ON DUO
オレンジの河
キスより 吐息より
野性の風(Album Version)
Boogie-Woogie Lonesome High-Heel(Single Version)
ふたりでスプラッシュ
空に近い週末
elfin
地上に降りるまでの夜
ひとりでX'mas
瞳がほほえむから(Album Virsion)




1990年代後半に僕が高校生だった時はいわゆる「小室ミュージック」が流行していた時でした。

trf、安室奈美恵、華原朋美、Globe…といった歌手達がヒットチャートにのぼり、「明らかに小室プロデュースだろ?」とツッコミを入れたくなる単調な曲がヒットする中、僕個人は偏屈なのか今井美樹や山下達郎、玉置浩二の曲に魅かれていました。

そんな今井美樹のアルバムの中で僕が一番好きなのが今回紹介する「Ivory」。


今井美樹は後に布袋寅泰のプロデュースで「Pride」などのヒット曲を生み出しますが、今回紹介する「Ivory」は布袋寅泰の手が入っていないので今の曲調と違い、聞いていて新鮮に感じると思います

このアルバムの中では「空に近い週末」がお気に入りです。

今井美樹の透明感のある歌声がこれからの暑い時期うってつけだと改めて実感しますね^^




もしよかったらクリックしてね^^

スレッドテーマ:音楽ニュース全般:音楽

メイン

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。