--年--月--日

●スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006年04月18日

●変化球なドラマ「ギャルサー」(第1話)

春ドラマがポツポツスタートしていますよね。

4月15日(土)から日テレ系で放送のドラマ「ギャルサー」(公式HPにリンクしています。)の第1話を見てその感想でも。
正直言って見る前は非常に微妙な雰囲気を感じました。

というのもね公式HPのイントロダクションを見てみると…

*******************************************************パラパラ大好きギャルたちが集まる渋谷の繁華街に、突然、謎のカウボーイが現れた!このカウボーイは、アメリカ・アリゾナの大平原育ちのシンノスケ(藤木直人)。シンノスケは、大自然の中で培ったピュアかつダイナミックな行動で、ギャル達の抱える悩み、問題を破天荒に解決していく。渋谷を舞台に、斬新なヒーローが嵐を巻き起こす、”異色の学園モノ”ともいうべき痛快爆笑アクションコメディー。
*******************************************************



もうこれだけで何か怪しさ満点。異色過ぎるよ^^;
正直これを読むとドラマを見る気が失せませんか?

主人公の藤木直人ってそんなに芝居が上手いわけじゃないし、見るのやめようかな…と思いつつも、頑張って(?)第1話を見てみると…

結構面白かったぁ^^

第1話では「ウザい」「死ね」といった言葉を使っちゃダメよ!がテーマ。

ネットの世界でもそうだが、あまりにも気軽に「死ね」といった言葉を使いすぎている最近の日本に対して、日本から遠く離れたアメリカのアリゾナからやってきたカウボーイのシンノスケという「客観的な視点」からそれらを批判しているって言えるかなぁ。

正直設定は某国のドラマ並に「ありえない」事ばかりだけど、第1話から判断するにこのドラマを通じて描こうとしている目標が明確だから、意外とスンナリ楽しめたというのが第1話を見た後での感想。

つまり変化球ながらも目指しているのは正統派かな?って結論ですね。

とりあえず見続けてみようかなって思うドラマでした。



あとこのドラマに出演しているギャル達は若手でこれから!という女優達が多いから、彼女達を見るだけでも楽しめるかもしれない。

そんなギャル達の中で僕がコソっと応援しているのが新垣結衣
galaragaki1.jpg

演技はまだまだ未熟だけど、彼女の持つ雰囲気が何かよくってねぇ。(彼女が出演しているNTT東日本のスペシャルWebCMはかなりオススメです)



あとは僕個人としてはそんなには応援していないけど、ギャル達のボス役を演じる「細い」を通り越して「薄い」鈴木えみについては…
galemi1.jpg

以前よりずっと演技上手くなってるよ!(まだヘタだけど…)「漂流教室」の時に比べたら目覚しく成長したなぁ(シミジミ)



クリックしてくれると嬉しいな^^

スレッドテーマ:ドラマ:テレビ・ラジオ

メイン

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。