--年--月--日

●スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年02月23日

●大河ドラマ篤姫(第5話?第7話)

以前大河ドラマ「篤姫」の第3話と第4話を視聴して感じたことを書きました。

【過去のエントリ:大河ドラマ「篤姫」(第3話?第4話)

atsuhime011.jpg


で、今回は第5話から第7話の感想を書いてみようと思います。



於一(宮崎あおい)は本家である島津斉彬(高橋英樹)の養女になることが決まる。

その直後…

snapshot2008022310270001.jpg


snapshot2008022310324102.jpg

於一の乳母であった菊本(佐々木すみ江)が自害する。



於一にとって菊本は非常に大切な存在で大きな衝撃をうけ、悲しみにうちひしがれるが母お幸(樋口可南子)や尚五郎(瑛太)のエールによって、本家の幼女になることの重大さを実感し覚悟を決める。



個人的に最も印象的だと感じた箇所は、尚五郎(瑛太)と島津忠剛(長塚京三)の表情

尚五郎は於一に恋心を抱き、「嫁に欲しい」と於一の父島津忠剛(長塚京三)に直談判をしたけど、島津本家の養女になることが決まり、ざっくり言うと尚五郎は「失恋」するわけです。

snapshot2008022310232303.jpg

恋がかなわず呆然となり

snapshot2008022310243904.jpg

ひとり涙を流し

snapshot2008022310393905.jpg

菊本の死に衝撃を受けている於一と最後の対局をしているときに

snapshot2008022310345506.jpg


snapshot2008022310351207.jpg

涙を浮かべながらも於一にエールを送る。

snapshot2008022310404408.jpg

この二人の手のシーンはかなわぬ恋を表現したんでしょう。


そして…
snapshot2008022310411509.jpg

斉彬から戴いたお守りを交換しあい…

snapshot2008022310413710.jpg

それを胸に抱きひとり涙を流す。



ついに於一が本家の養女入りをする日となり
snapshot2008022310465611.jpg


snapshot2008022310470412.jpg


snapshot2008022310471313.jpg

昨夜交換したお守りを見せ合う。

snapshot2008022310480314.jpg

於一の姿が見えなくなり、また涙の尚五郎。

尚五郎、こういうのを経験して男は成長するんだ。
今度おいらが一緒に酒を飲んでやるぞ。


そんなことを思いながら尚五郎の姿を追っている自分がいました^^;


他方で父島津忠剛(長塚京三)は…
snapshot2008022310425615.jpg


snapshot2008022310432416.jpg

於一の前では涙こらえ、笑顔を見せるが、


於一が家を去り…
snapshot2008022310454317.jpg


snapshot2008022310460818.jpg

声を押し殺して泣く。

花嫁の父ってきっとこういう心境なんだろうねぇ。


二人の男の涙が非常に印象的でした。



あとは…
snapshot20080223102454.jpg

斉彬(高橋英樹)と忠教(山口祐一郎)の溝が次第に深くなってきているようだけど、これは別にいいや^^;




以上です^^;


◎おまけ画像
snapshot20080223105010.jpg


snapshot20080223105031.jpg
















もしよかったらクリックしてね^^


ブログランキング・にほんブログ村へ

スレッドテーマ:篤姫:テレビ・ラジオ

メイン

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。