--年--月--日

●スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年01月25日

●「キサラギ」また見ましたヽ(´ー`)ノ

以前映画「キサラギ」を紹介しました。

【過去のエントリ:「キサラギ」見ましたヽ(´ー`)ノ


moviekisaragi01.jpg


今回DVDを購入しましたので改めて感想を書いてみます。



まずこの映画の主要キャストは…

moviekisaragi02.jpg

家元(小栗旬)


moviekisaragi03.jpg

オダ・ユージ(ユースケ・サンタマリア)


moviekisaragi04.jpg

スネーク(小出恵介)


moviekisaragi05.jpg

いちご娘(香川照之)


moviekisaragi06.jpg

安雄(塚地武雅)


以上5人。



そして簡単にストーリーを紹介すると…

D級アイドル如月ミキが謎の自殺をして一年が経ち、一周忌追悼会にファンサイトの常連である5人の男たち(家元、オダユージ、スネーク、安男、いちご娘)が集まる。

moviekisaragi07.jpg


彼らは今回はじめて顔を合わせるのだが、次第に如月ミキの死の真相について推理を巡らせることになる…

この作品はサスペンスに分類されるのでネタバレ防止でサラっとしかストーリーを紹介してませんが、緻密に構成された脚本を役者がハイテンションで演じきった素晴らしい映画です。





まずこの作品の面白いと感じたのはオタクの要素をうまく盛り込んでいる所

moviekisaragi08.jpg


moviekisaragi09.jpg


moviekisaragi10.jpg


作品の冒頭で家元(小栗旬)が持参した「如月ミキパーフェクトコレクション」をみんなで鑑賞している際の一連の行動、オタクだからこそ取りそうな行動(コレクションを大切に扱うなど)がここでは見受けられます。

この時「家元の気持ちや手袋をはめる行動わかるなぁ」って共感していました。

まぁ、私もオタクの端くれだから共感してるんだろうね^^



あとは如月ミキが最後の最後で顔出しをするんだけど…

moviekisaragi15.jpg


これがねぇ、あまりにも「微妙」で凄いんだよ^^;
「これは売れないなぁ」と苦笑もするのね。

でもね、死の真相を知るとそんなD級アイドル如月ミキを愛おしくすら思えちゃう自分もいるんだよ。

やっぱり自分はオタクの端くれなんだなと改めて実感^^





次はキャストについて。

まずは小出恵介

moviekisaragi12.jpg


moviekisaragi13.jpg


実はこの映画を劇場で3回見ているのですが、2回目の鑑賞前に小出恵介が出演した「きみにしか聞こえない」を見たんですよ。

【過去のエントリ:「きみにしか聞こえない」また見ましたヽ(´ー`)ノ


「きみにしか聞こえない」では優しい好青年を演じてましたが、他方で「キサラギ」ではコミカルな表情を見せていて、小出恵介の演技の幅広さを実感。




そして香川照之

moviekisaragi14.jpg


かなり濃いキャラを演じていて、いい味出してるんだな^^





緻密なストーリー展開と役者のハイテンションな演技に思いっきり笑わせてもらった「キサラギ」でした

moviekisaragi16.jpg

(ちなみにこのダンスの振り付け担当はラッキィ池田です^^)














もしよかったらクリックしてね^^


ブログランキング・にほんブログ村へ

スレッドテーマ:映画感想:映画

メイン

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。