--年--月--日

●スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007年11月30日

●「転々」見ましたヽ(´ー`)ノ

タイトル横の顔文字についてはこちらを御覧下さい♪

今日は映画「転々」の感想です。

movietenten.jpg


◎作品データ
製作年度:2007年
製 作 国:日本
上映時間:101分
監  督:三木聡
原  作:藤田宣永
脚  本:三木聡
音  楽:坂口修
キャスト:オダギリジョー、三浦友和、小泉今日子、吉高由里子、岩松了
     ふせえり、松重豊、鷲尾真知子、石原良純、岸部一徳 ほか


◎簡単なストーリー紹介
自堕落な生活を送りサラ金の借金を抱えた大学8年生・文哉(オダギリジョー)のアパートに、突然借金とりの福原(三浦友和)が入ってくる。福原は文哉に100万円で一緒に散歩しないかと提案される。



監督に三木聡、主役オダギリジョーといえば…ドラマ「時効警察」

だから作品全体が「時効警察」テイスト

ストーリーはゆるくクスっと笑えるシーンがちりばめられています。

そして脇を固めるキャストに時効警察の岩松了、ふせえりの二人が共演しているだけでも面白いのに、松重豊、岸部一徳といった存在感のある役者さんも多数出演していて彼らを見るだけでも楽しむことができるんだな^^



さて、この作品って冷静に考えてみるとなかなか悲惨な側面があるのね。

でもそういうのを一切感じさせず、むしろ暖かさすら感じてしまう


上映時間の多くをオダギリジョーと三浦友和が「転々」と散歩をする「だけ」に割いているのね。

でも見ていてその様子が何か微笑ましくて、次第に作品の世界観に引き込まれ、後半でオダジョーが●●を食べるシーンではちょっとウルウル^^(●●は重要なアイテムなのでここでは明かしません)

そしてラストは、これがビックリするほどあっさりしたシーンなんだけど、むしろそれによって作品に余韻を持たせていると感じました


以上のことから「ブラックな背景に暖かいオレンジ色で描いた味のある絵画」のような作品かもしれません。



見ていない人も多いだろうと予想されるのでストーリーについてはネタバレを極力排した感想を書きました。

「時効警察」のテイストが好きな人はツボにはまると思いますよ^^

僕にとってはかなりのヒットでした^^

DVDが発売されたら買おう♪



ちなみに…劇中の三浦友和は前田日明に似ていました^^


【5月7日追記】
DVDを購入しましたので、画像付きでレビューを掲載しました


「転々」また見ましたヽ(´ー`)ノ


【5月8日追記】
サウンドトラックについてのエントリを掲載しました


「転々」オリジナルサウンドトラック



















もしよかったらクリックしてね^^


ブログランキング・にほんブログ村へ

スレッドテーマ:映画感想:映画

メイン

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。