--年--月--日

●スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007年11月10日

●「かもめ食堂」見ました(´ー`)ノ

タイトル横の顔文字についてはこちらを御覧下さい♪

今日は映画「かもめ食堂」の感想です。

moviekamokesyokudo.jpg



◎作品データ
製作年度:2006年
製 作 国:日本
上映時間:102分
監  督:荻上直子
原  作:群ようこ
脚  本:荻上直子
音  楽:近藤達郎
キャスト:小林聡美、片桐はいり、もたいまさこ
     ヤルッコ・ニエミ、マルック・ペルトラ ほか


◎簡単なストーリー紹介
サチエ(小林聡美)はフィンランドの都市、ヘルシンキで「かもめ食堂」という名の日本食の小さな店を営んでいる。そこに背の高い日本人女性ミドリ(片桐はいり)や両親の看護の大役を終えたマサコ(もたいまさこ)がふらりとやってきてかもめ食堂で働くようになる。


さてこの作品は感想を書くのが非常に難しいです。

難解な映画というのではないのね。むしろシンプルな作品なんです。

でもこの作品をうまく表現できる言葉がなかなか見つからない^^;

説明するのが難しいからといってそれが「不快」に感じることはなく、結構「いい感じ」なんです。




さて、この作品の舞台となっているのはフィンランドにある日本料理の食堂「かもめ食堂」。

まずこれだけでも何か不思議な世界観を醸し出していると思いませんか?

だってフィンランドってなかなか日本人のとってはイメージのつきにくい国ですし、そんな国にかもめ食堂という日本の家庭料理を扱う小さな食堂がある…

この設定だけでもちょっと現実から乖離した世界観があるんだな



そしてストーリーはハラハラドキドキだったり思いっきり泣かせたり、劇的な展開は一切なく、静かにゆっくりと進んでいきます

このゆったり感が結構心地よいんだよね^^


このように不思議な世界にゆったりとした展開で、しかも作品に強烈なメッセージがあって、それをビシビシ感じるのではなく、「うまく説明できないんだけど、何かいいよねぇ」っていう作品なんです。



こんな感想じゃ「何訳のわからないこと書いてるんじゃ!」とお叱りを受けるかもしれないので、この作品を食べ物にたとえてみよう思います^^


見終えた後に「お茶漬け」のような作品と感じました

もうすぐ年末年始に突入して忘年会、クリスマス、大みそか、元旦、新年会…と大きなイベントが続くわけですが、たくさんの料理が出てきますよね。

最初のうちは「いろいろな料理が出てきて楽しめて嬉しいな」と思っていても、それが続くと飽きちゃいますよね。

こんな胃腸も体も疲れた時にあっさりしたお茶漬けを食べたくなりませんか(自分だけ?)


「かもめ食堂」もお茶漬けのように日々を忙しく過ごしてちょっと疲れた心と体をホッとさせる癒しを持っている作品かもしれません。













もしよかったらクリックしてね^^


ブログランキング・にほんブログ村へ

スレッドテーマ:映画感想:映画

メイン

コメント

●私も好きです
なんともいえず、まったりとした空気感にあふれた映画でしたよね。

好きです。

見ていると、おなかがすいてしまいました~。

コメント

●見てよかった映画ですね。
 空気感も独特でよかったですね。
 私は良い映画の条件に美味しそうな料理が出てくるのを挙げているんですが。
 その用件を見事に満たしていますね。
 うんぼぼサンがお茶漬に例えたように。
 普段の和食がとても美味しく映されている。
 なかなか無い作品だと思います。

コメント

●kotetsu552005 さん
>なんともいえず、まったりとした空気感にあふれた映画

そうなんですよね^^
うまく形容できない温かみがあると思うんです^^

コメント

●龍女 さん
>普段の和食がとても美味しく映されている

見ていてお腹がどんどんすいていきました^^;
あとこの映画を観た後に速攻でシナモンロールを買ってしまったことはここだけの話^^;


コメント

●監督がすごいんです!
この映画、面白いですよね。
ゆったりした時間が流れていく感じがして、
人々もリラックスしていて。

監督の荻上直子さん、最新作「めがね」でも、ゆったり感たっぷりの世界を描いています。
チャンスがあればぜひ観てみて下さい。

コメント

●道産子 さん」
あのリラックス具合が見ていて気持ちいいんですよね。
見ていて肩の力が抜けていきました。

>監督の荻上直子さん、最新作「めがね」

バタバタしていて劇場で見ることができなかったのですが、
DVDが発売されたらぜひ見ようと思っています^^

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。