--年--月--日

●スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007年07月02日

●今日は7月2日ですねぇ…

今日7月2日は僕にとって思い出深い日であります。

2004年7月2日にTBS系で放送された「世界の中心で、愛をさけぶ」

巧みな演出、味わい深い台詞の数々、素晴らしいキャストによる素晴らしい演技…

これらの要素がふんだんに盛り込まれ、最高のドラマに仕上がっています



リアルタイムで視聴している時には毎回滂沱の涙を流し^^;

最終回後にはあまりの感動にひきこもり^^;

セカチュー関連商品を買いあさり^^;

カーステレオでサントラを聴き、涙を流しながら車を運転したり^^;
※危険な行為ですから良い子はマネしないで下さい

周りにセカチューの素晴らしさを訴えたり^^;

その結果、セカチューヲタと呼ばれたり^^;

映画とドラマを見る時の感動のハードルが急激に上がったり^^;
  ・
  ・
  ・

とまぁ、これらの僕のイタい様子に「気色悪い」とか「お前ヤバイって」と思う人がいるかもしれませんが、僕にとってドラマ版セカチューはそれだけの魅力があって、感動と衝撃と影響を与えてくれる作品だったんですよねぇ^^;



さて今日7月2日はドラマ版セカチューフリークにとっては大切な日ですよね^^

・ドラマ版第1回放送日
・廣瀬亜紀(綾瀬はるか)のバースデー
・松本朔太郎(山田孝之)、海辺で廣瀬亜紀に告白

このように7月2日は非常に重要な意味合いを持つ日であり、ヲタの私としては、セカチューを思い出さずにはいられません。

本当はDVDボックスを最初からぶっ通しで見てセカチューに浸りたいんだけど、その時間が残念ながらありません..._| ̄|○

ですから今、サントラをエンドレスで流しています^^

でもね、サントラだけでドラマのシーンが甦ってきて…う、ちょっと涙が(ToT)


僕のセカチュー中毒は一生癒えそうにないみたいです^^;



ちなみにドラマ版DVDボックスを何度も視聴し、いくつか発見したことがありますので、バカンスの暇つぶしで8月にエントリを予定しています^^




ドラマ版セカチューカテゴリー













もしよかったらクリックしてね^^


ブログランキング・にほんブログ村へ

スレッドテーマ:ひとりごとのようなもの:日記

メイン

コメント

●共感。。。。
うんぼぼ様。

この記念すべき7月2日を共感するものの一人として、コメントをいれずにはおられませんでした。
リアルタイムで見ていなかった私(バカバカ!)が、再放送でドラマに出会い、そこからはまるで、うんぼぼ様と自分が重なるような状況でございました。
まるで、自分のことのように読ませていただきました。

本当に、こういう素晴らしい作品と朔と亜紀に出会えたことは、最高の喜びです。
しみじみと今日という日を味わいます。

うんぼぼ様の文章で、いろいろとまた私の心に波紋が起きました。ありがとうございました。

コメント

●kotetsu552005 さん
共感して頂きありがとうございます。
仲間がいてなんか嬉しいです^^

ここまで心に響いてくるドラマに出会えたことに
普段は信じない神様に感謝したい気持ちで一杯です^^

コメント

●セカチュー最高!!
うんぼぼさん 初めまして。Nobと申します^^
ブタネコさんのところから飛んできました。
7月2日は私にとっても忘れることの出来ない日であり、
ドラマ「世界の中心で、愛をさけぶ」をこよなく愛する者として
コメントせずにはいられませんでした(^^;)

まさに奇跡のドラマだったと思えるほど、
セカチューは心の奥深く眠り続けています。
時々 取り出しては感傷に浸ることもあります(^^;)
本当にこのドラマは最高でした!

セカチュー放送後にファンサイトで知り合った仲間と一緒に
ロケ地である松崎へも何度も行っています。
もう完璧にオタの世界ですが、
不思議と同年輩の方ばかりの集まりで
皆さんと楽しくやっています。
また遊びに来させてください^^

コメント

●Nob さん
こちらこそはじめまして。
そしてコメント本当にありがとうございます!

僕にとってセカチューは体の一部になっているといっても過言でないほど大きなウェイトを占めています。

時折DVDを見なければウズウズするほどです^^;

先程Nobさんのブログを拝見しましたが、
松崎に何度も行っているんですね。
まだ聖地巡礼を果たしていない僕にとっては羨ましいです^^

これからも宜しくお願いいたしますm( _ _ )m

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。