--年--月--日

●スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007年05月22日

●選挙ポスターを見てふと…

今更なのですが…統一地方選終わっちゃいましたねぇ^^;


実は僕の隠れた趣味のひとつに「選挙の開票速報を見ながら酒を飲む」というのがあります^^;


ここぞとばかりに有権者に媚を売る候補者達がいて

それに踊らされたり冷めた目で見たり、元々関心の無い有権者たちもいて

「●●党に入れてね!」と今では全然付き合いの無い知人からしつこく電話がきたり…


そういった様々な思惑が入り乱れてドロドロした選挙戦の結果がジワジワと明らかになっていくのを見届けるのが何か好きなんですよね^^;(変な趣味ですか?)




さて、日本共産党という政党があります。

最近の共産党のポスターに書かれているキャッチコピーにこういうのがあります。


communistpartyposter.jpg



たしかな野党が必要です

自分、このフレーズに違和感を感じます。




まず、共産党がこのフレーズに込めた意味を素人の私なりに解釈すると…

今日本の政治は自民党と民主党の二大政党が議席の多くを占め、政策も比較的似かよっている。これではどちらの政党が政権を握っても日本の政治は何ら変わらない。だからこそ日本共産党が「確かな野党」として、二大政党とは違う意見、政策を訴えていくべきである。


だと思います^^



当然ですが「確かな野党」=「日本共産党」ですよね。



ということはですよ…




「共産党は野党のままで構わないよ」と自ら宣言していると解釈できませんか?



政党は自らの政策を有権者に訴え、支持を広げ、結果選挙で議席数の増加を目指す。そして議席数の増加によって議会で多数派を占めるようになり、「与党」となって政策を立案施行する。

これが政党の目指す所であると愚考します。


つまり広い支持を獲得し議席数を増やして、結果「与党」になって政策を進めることが大切なのではないでしょうか?



しかし日本共産党は「確かな野党」を目指す様子。



私から言わせれば「そんな低い志じゃあダメですなぁ」とついつい思っちゃいます。




自分はどこの政党も支持しないいわゆる「無党派」に属する人間ですが、かねてから思っていた事をちょっと書いてみました。












もしよかったらクリックしてね^^


ブログランキング・にほんブログ村へ

スレッドテーマ:ひとりごとのようなもの:日記

メイン

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。