--年--月--日

●スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007年03月24日

●みのや雅彦「遠い微笑み」

久しぶりに音楽を紹介します。
1994年に発売されたみのや雅彦のシングル「遠い微笑み」を紹介。

musictoihohoemi.jpg



◎曲目リスト
1.遠い微笑み
2.夢しかなかった
3.遠い微笑み(オリジナルカラオケ)



まずみのや雅彦って誰?という人が多いと思いますので簡単に紹介しますと…

みのや雅彦は北海道羽幌町出身。現在北海道を中心に音楽活動をする傍らでラジオパーソナリティーとしても活躍しています。

【外部リンク:みのや雅彦―Wikipedia


僕が中学時代に彼がパーソナリティーをつとめていたSTVラジオ「みのや雅彦のアタックヤング」をきっかけに彼の存在と歌を知って買ったのが今回紹介するシングル「遠い微笑み」。



「不器用ですから」といったら高倉健ですが、みのや雅彦の奏でる音楽の数々も「不器用な男の姿」が投射されているように思います。

表面では強がるものの、内心は弱気を見せたり
かつて付き合っていた女性の未練をにじませていたり
どん底、逆境の中で夢だけを心の支えとして生きたり…

見方によってはカッコ悪いかもしれない。でも「こういう男っていいよな」っていう憧憬の気持ちも湧き上がってくる。



このように男の強さ、弱さ、やさしさといったものを力強く、やさしく、時には切なくみのや雅彦が歌っています。

聴いていて魂が揺さぶられる感覚に襲われます。

暗い部屋の中でひとりで聴くとより彼の音楽に痺れるかもしれません^^



ちなみにこのシングルの2曲目「夢しかなかった」が当時(13?14年ほど前)結構ヒットしたんですが、個人的にはかつての恋人に対する想いを歌った1曲目の「遠い微笑み」が好きですな。


【外部リンク:みのやの気持ち
↑みのや雅彦のブログです











もしよかったらクリックしてね^^


ブログランキング・にほんブログ村へ

スレッドテーマ:音楽のある生活:音楽

メイン

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。