--年--月--日

●スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007年01月04日

●2006年10?12月期ドラマ寸評(終盤)

2006年の10月?12月期ドラマの寸評は2度載せています。

【過去のエントリ:2006年10月?12月期ドラマ寸評(中盤)
【過去のエントリ:2006年10?12月期ドラマ寸評(初回視聴時)

明日1月5日から新ドラマがスタートするという事で終盤時点での僕の感想を書いてみます。

◎月曜日
○のだめカンタービレ(フジ系、21:00?)
最終回まで視聴

もう本当に大笑いしたし感動させてもらいました!

以前第4話を視聴した時に剣道用語の「守破離」がこのドラマでは当てはまるというネタを書いたことがありました。

【過去のエントリ:のだめカンタービレ(第4話)を見てふと…

序盤?中盤では主に千秋(玉木宏)にスポットを当てて、千秋の成長ぶりを描いていましたが、後半になり千秋の他にのだめ(上野樹里)の過去のトラウマが明らかになり、それを解消した事で新たなるステージに二人が進み成長した様子が表現されていましたね。

何かダラダラ妙ちくりんな事を書いてしまいましたが、とにかく玉木宏、上野樹里の表情やR☆Sオーケストラのコンサートシーンなど心から楽しませてもらいました。

これは飲み会の回数を減らしてDVD購入かな^^

やっぱりのだめ(上野樹里)のファッションが可愛いかったなぁ^^



◎火曜日
○役者魂!(フジ系、21:00?)
最終回まで視聴

僕の中では結構楽しめたドラマでした。

香川照之の弾けた演技もよかったし、あの学芸会演技伊東美咲主演の「危険なアネキ」で「もしかしたらコイツ大根?」を一瞬思いかけた森山未來も見直すことも出来たしよかったです^^

最終回に烏山(松たか子)が自宅でひとり掃除をしているシーン&バックで流れる「みんなひとり」が良かったなぁ。

さらにエンディングの松たか子「みんなひとり」に胸がキュンキュンです^^

【過去のエントリ:松たか子「みんなひとり」



○僕の歩く道(フジ系、22:00?)
最終回まで視聴

何か「あざとい感じ」がして仕方ないんだよね

自閉症という障害を盛り込まなければならない意義がよくわからず、さらに輝明(草なぎ)を純粋な存在、それらを忘れてしまっている周囲の人たちという構図もありきたり。

草なぎを筆頭に小日向文世、森口瑶子、浅野和之、本仮屋ユイカといったお気に入りの役者さんたちを見れただけで収穫アリかな。





◎水曜日
○14歳の母(日テレ系、22:00?)
最終回まで視聴

14歳で妊娠、出産する事がどういうことか、ただ相手のことが「好きだから」「愛しているから」ということだけでは済まされない現実問題(母体への影響、世間の目、偏見…)といった事も盛り込まれていてその中で美希(志田未来)や桐野(三浦春馬)と二人の家族達の葛藤が描かれていたように思います。

志田未来も良かったけど、主治医の高畑淳子の医学的見地から冷静に美希の妊娠についてアドバイスしたり、美希の父生瀬勝久の娘の父親としての戸惑いなども良かったと思っています。





◎木曜日
○Dr.コトー診療所2006(フジ系、22:00?)
最終回まで視聴

本当に良かった!
もう一度最初のシリーズから見返してみたいという衝動に駆られました。

今回「なるほど」と思わず唸ってしまったが彩佳(柴咲コウ)の手術を担当した医師鳴海(堺雅人)の存在。

「医師とはどうあるべきか?」という問題について「患者をあくまでひとりの人間として扱うべき」という意見が一般的。でも鳴海医師の過去の経験とそれに基く彼のスタンス―例えば劇中で鳴海が五島にかけた台詞「病巣にだけ集中しろ!」―提示され、話に深みが出たのではないでしょうか。

「患者は一人間」のスタンスを崩さずにいた五島健助という一医師が鳴海の五島と違うスタンスに触れることでより一層成長したといっていいでしょう。

色々考えさせられた素晴らしいドラマでした。



○嫌われ松子の一生(TBS系、22:00?)
第3話で脱落

映画も原作も読んでいません。

松子のあまりの不幸っぷりを見ていくうちにこっちまで暗くなりそうな気がしてサクサクっとリタイヤしちゃいました。





◎金曜日
○笑える恋はしたくない(TBS系、22:00?)
第2話でリタイヤ

第1話を視聴した限り面白さを感じなかったので、サクっとリタイヤ。




◎土曜日
○たったひとつの恋(日テレ系、21:00?)
最終回まで視聴

見終えてあまりのストーリーのひどさにドッと疲れが押し寄せたのは「東京湾景」以来です。

話を広げすぎて最終回までそれをまとめきれずにグチャグチャの状態で最終回になったという印象です。

お気に入りの綾瀬はるかが出演していなかったら中盤でリタイヤしている作品でした。

綾瀬はるかのキャリアに傷がつかないことを祈るばかりです。





◎日曜日
○鉄板少女アカネ!!(TBS系、21:00?)
第2話で脱落

このドラマでも堀北真希のキャリアに傷がつかないことを祈ります。





◎まとめ
今回は「Dr.コトー」と「のだめ」がぶっちぎりの面白さでした。

「のだめ」は腹の底から笑わせてもらった(例えば第4話に千秋がこたつにハマるエピソードなど)し、演奏シーンでは心から音楽を楽しむことが出来ました。

「Dr.コトー」は医療とヒューマンの側面を上手く両立させ、落ち着いた演出で両側面をじっくりと見せてくれました。



◎次クールのドラマは…
山崎豊子原作の「華麗なる一族」(日、TBS系、21:00?)が一番気になります。だってキャストからして「華麗」^^

あとは「演歌の女王」(土、日テレ系、21:00?)はお気に入りの天海祐希、段田安則目的

そして「きらきら研修医」(木、TBS系、22:00?)はショートカットにして可愛らしくなった小西真奈美目的

このあたりが僕の現時点で気になるドラマです^^










もしよかったらクリックしてね^^


ブログランキング・にほんブログ村へ

スレッドテーマ:テレビドラマ:テレビ・ラジオ

メイン

コメント

●のだめが終わって
今、うつ状態です!

あれだけ楽しんだ「のだめカンタービレ」が終わって、しばらくドラマから遠ざかりそうです。

また、続編とか映画とかがないのかなあ?

コメント

●道産子 さん
僕も「のだめ中毒」で過去に録画したのをちびちび見返しています。

DVDボックスを買って千秋しゃまと真澄ちゃん、のだめに
早く会いたいと思う今日この頃です^^

コメント


こちらにもちょこっと^^
「華麗なる一族」、楽しみですよね♪
原作チェックして、しっかり予習しておきました(笑)
出演陣豪華ですよね~。
セットとかも楽しみですv-353

コメント

●もも さん
「華麗なる一族」気になりますよね^^

北大路欣也、原田美枝子、鈴木京香、そしてお気に入りの相武紗季も出演するから今から放送が楽しみで楽しみで^^

原作をすでにチェックとはももさん準備万端ですね^^

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。