--年--月--日

●スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006年05月03日

●花輪和一『刑務所の中』

今日はホリ○モン保釈記念(?)ということで、
花輪和一『刑務所の中』を紹介

花輪和一『刑務所の中』青林工芸舎、2000年

keimushononaka.jpg

著者の花輪和一は漫画家。これは花輪氏がモデルガンの趣味が嵩じる余り、銃刀法違反により逮捕。懲役3年の実刑判決を受け、刑務所に入ったときの自らの暮らしぶりを描いた作品です

当然刑務所は自由などがない、完全に管理された空間。(当然だが酒やタバコも禁止。酒好きの僕にとっては「拷問」に等しい^^;)

そんな中で受刑者は刑務所内のルールに違反しない範囲で何かしらの「楽しみ」を見つけようとする。その最たるものは「食べ物」のようだ。というのもこの作品では食べ物に関する内容が多いからだ。朝昼晩の詳細な献立を紹介したり、年末年始の特別メニューの図解、甘い物に対する並々ならぬ愛情、そしてコッペパンに小豆とマーガリンの組み合わせをルール違反と知りながら影でこっそり貪り食うある受刑者…といった感じで決まった時間に必ず出される食べ物は受刑者達にとって最大最高の「快楽」なのだろう。(ちなみに個人的な話だが、この本を読んでセブンイレブンで販売されている「コッペつぶあんマーガリン」というパンに一時期かなりハマった^^)

食べ物だけにとどまらず、今までよくわからなかった刑務所の中の様子が垣間見れた面白い本でした

ちなみにこの作品は監督崔洋一、主演山崎努で映画化されています。



ちなみにホリ○モンが保釈された「拘置所」と「刑務所」の違いは…

拘置所:被疑者や被告人といった未決囚を拘禁する施設(死刑判決を受けた者も拘置所に入れられる)
刑務所:懲役、禁固を受けた者を拘禁する場所



もしよかったらクリックしてね^^

スレッドテーマ:読んだ本。:本・雑誌

メイン

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。