--年--月--日

●スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006年12月09日

●「いま、会いにゆきます」また見ましたヽ(´ー`)ノ

タイトル横の顔文字についてはこちらを御覧下さい♪


以前映画「いま、会いにゆきます」の感想を載せました。

【過去のエントリ:「いま、会いにゆきます」見ましたヽ(´ー`)ノ

今回は改めて見返した上での感想をまた書き綴ってみようと思います

まず主要キャストは

movieemaai1.jpg


最近「いい訳番長」の称号を得た中村獅堂^^;


movieimaai2.jpg


昔から「この娘は売れるよ」と周囲に公言し、以来応援している竹内結子


その他には

movieimaaikohinata.jpg


僕の大好きな役者さんである小日向文世が出演。




ではストーリーを簡単に説明すると、

movieimaai3.jpg


秋穂澪(竹内結子)が28歳の若さで亡くなってから1年が経過。
夫の巧(中村獅堂)と息子の佑司(武井証)は澪への思いを募らせます。


雨の日に現われたのが…

movieimaai4.jpg


亡くなったはずの澪。
しかも彼女は記憶を一切無くしてしまっています。



movieimaai5.jpg


こうして記憶のない澪と巧、佑司の生活がはじまります。
しかし澪が二人と一緒に過ごせるのは雨の季節のわずか6週間。どうして巧の前に亡くなったはずの澪が現われたのだろうか?

これが話の大筋。




劇中で巧が澪に二人がどのようにして知り合い結婚したのか、
その経緯を話すシーンがあります。

movieimaai6.jpg



それを見ているとついつい胸がキュンとしちゃうんです^^;

movieimaai7.jpg
(高校時代の澪と巧)



中でも僕のツボだったのがこのシーン。

movieimaai8.jpg


巧が澪と再会を果たし、会話が途切れないように巧がマシンガントークをしたというシーン。僕もそんなことあったなぁ^^


movieimaai9.jpg
(したよしたよ!こんなこと^^)



movieimaai10.jpg
(こういう気持ちって忘れちゃだめだよなぁ^^)



( ´ー`)フゥー
(オチツケジブン)




あ、さて次はキャストについて。


とにかく竹内結子がいいんです!

movieimaaitakeuchi1.jpg


movieimaaitakeuchi2.jpg
(巧の靴を佑司と磨くシーン)

movieimaaitakeuchi3.jpg
(表情がナチュラルだと思いませんか?)

movieimaaitakeuchi4.jpg
(巧のことを同僚の市川実日子に頼むシーンの澪の表情)

movieimaaitakeuchi5.jpg
(本当はずっと巧と一緒にいたいがそれがかなわない辛さが痛いほどわかります)

movieimaaitakeuchi6.jpg
(こうやって見ると本当に親子のようです)



そして後半は言葉で言い表せないほどの素晴らしい演技

詳しくは言いませんが澪は全てを悟り、

movieimaaitakeuchi7.jpg


movieimaaitakeuchi8.jpg
(まるで「腹をくくった」この表情が秀逸です)


そして…

movieimaaitakeuchi9.jpg


movieimaaitakeuchi10.jpg


ここで完全にノックアウト。
この画像を見ただけで思わずジーンとしてしまいます。


そしてラストの

movieimaaitakeuchi11.jpg


movieimaaitakeuchi12.jpg


movieimaaitakeuchi13.jpg


あの有名なひまわり畑のシーンへとつながります。




竹内結子の素晴らしい演技を徹底的に堪能できて、しかも大きな感動を得ることが出来る素晴らしい作品だと思います。


やっぱりこの映画好きだなぁ^^


本当はこの「いま、会いにゆきます」でもうひとつ語りたいことがあるのですが、もったいぶって次の記事で書こうと思います^^


あ、最後に…

movieimaai12.jpg


二人の高校時代のシーンで英語の授業がほんの少しだけ登場しますが、英語教師の声に聞き覚えがあるなぁと思ったら…

kokiokada.jpg


以前はドラマの恋敵役が多かった岡田浩暉でした。

movieimaai13.jpg
(証拠画像です^^)





◎おまけ画像
movieimaaiomake1.jpg












もしよかったらクリックしてね^^


ブログランキング・にほんブログ村へ


スレッドテーマ:映画感想:映画

メイン

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。