--年--月--日

●スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006年11月29日

●coba 「mania coba2」

アコーディオン奏者cobaのベスト盤「mania coba2」を紹介。

maniacoba2.jpg


◎曲目リスト
1. 愛しのジャクリーヌ
2. CREPUSCULE
3. eye
4. 過ぎ去りし永遠の日々(special edition)
5. K jungle(the sound of readymade mix)
6. PARIS
7. SOUGEN
8. 真夏のカルメン
9. transparent greece~透明なギリシャ
10. 饒舌な日々~talkativeness days
11. CASA S.FRANCESCO
12. 約束の丘
13. プシュケ
14. fellinism
15. appetite
16. 預言の林檎
17. L’HOMME 時間を止めて(treatment mix)
18. 写心
19. ベッドの密約



アコーディオン奏者で最も名前が知られているであろうcoba(本名小林靖宏)。

その彼のベスト盤が今回紹介する「mania coba2」


以前日曜日に日テレ系で放送されていたおしゃれカンケイというトーク番組がありましたが、この番組内でcobaの曲が多数使用されています。

中でも番組内の「16小節のラブソング」はゲストにまつわる人からの手紙を司会の古館伊知郎が朗読するコーナーですが、その時に流れていたのが4曲目の「過ぎ去りし永遠の日々」で聴き覚えがあるかと思います。

アコーディオンの軽やかなな中にちょっと懐かしさの漂う音色が心地良く、収録曲もアップテンポのが多く、聴いていて気持ちがウキウキすることでしょう。


僕がこのCD収録曲の中で一番好きなのは13曲目の「プシュケ」

これだけを何時間もくり返し聴いても飽きないくらい好きな曲です。











もしよかったらクリックしてね^^


ブログランキング・にほんブログ村へ

スレッドテーマ:音楽のある生活:音楽

メイン

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。