--年--月--日

●スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006年11月15日

●「のだめカンタービレ」(第5話)

11月13日放送の「のだめカンタービレ」(第5話)を見ました。


・上野樹里が本当にいい!
笑わせつつ時折見せる切なく物悲しい表情が本当に魅力的。
今回はそれが結構多かった。


・千秋さまス・テ・キ^^
もう僕の中で玉木宏は完全に「千秋しゃま」ですw
もうそれくらいハマり役だということ。


・観客を楽しませる2つのコンサート
シュトレーゼマン指揮、ピアノ千秋しゃまのAオケの「ラフマニノフのピアノ協奏曲」と峰、のだめのSオケが演奏する「ラプソディー・イン・ブルー」は観客を楽しませることにおいて方向性の違うものでした。

Aオケは「聴かせる」演奏。Sオケは「見せる」演奏

音楽は奥が深いですねぇ。


・個人的に久々にヒットした月9
「やまとなでしこ」以来久々に月9で面白いと思ったな。









もしよかったらクリックしてね^^


ブログランキング・にほんブログ村へ

スレッドテーマ:テレビドラマ:テレビ・ラジオ

メイン

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。