--年--月--日

●スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006年04月28日

●晩酌日記(4月27日)

4月27日の晩酌レシピです^^

DSC00630.jpg

(左上から時計回りに)
チーズはんぺんのバター焼
氷下魚(こまい)の一夜干し
冷奴
刻みオクラ

そしてその日はちょっと寒かったので、
お酒は高知の酔鯨をぬる燗にしていただきました。

酔鯨は華やかな果実のような香りの中にキレを感じる好きな地酒のひとつです。
さて、今回の一品で皆さんに紹介したいのは氷下魚(こまい)の一夜干し
DSC00634.jpg


氷下魚は北海道ではメジャーな魚で、
北海道出身の僕にとっては「故郷の味」といえるものです。

氷下魚(こまい)を説明しますと…

***************************************************
こまい 【〈氷魚〉/〈氷下魚〉】
タラ目の海魚。全長30センチメートル前後。体は灰褐色で細長く、前半部はやや太い。干物とする。日本海・北太平洋に広く分布。カンカイ。
goo国語辞典より
***************************************************


この一夜干しをマヨネーズと一味唐辛子(僕はそれに醤油をわずかに加えます)をつけて食すと…

最高なんだわ^^

淡白な味わいの中に広がる優しい旨みにうっとりしてしまいます。


ちなみに今回は一夜干しを取り上げましたが、
氷下魚には完全に乾燥したのものもあります。
これは非常に固く、歯で引きちぎるようにして食べるのですが、
それも一夜干しとは違う美味しさを堪能できますよ

(これも一味マヨネーズと一緒に頂きます)



ちなみにこの一夜干しは近所で北海道物産展が催された時に、店のおっちゃんに僕が北海道出身だと話した所、2パックを1パック分の値段で売ってくれたという経緯で入手したものです^^v



氷下魚が気になった人はクリックしてね^^

スレッドテーマ:ばんごはん:グルメ

メイン

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。