--年--月--日

●スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006年10月26日

●ドラマ「SWEET HOME」

今日は現在関東地方で再放送されているドラマ「SWEET HOME」についてです。

sweethometop.jpg



製作年度:1994年
放 送 局:TBS系
脚  本:西荻弓絵
主 題 歌:小泉今日子「My Sweet Home」
出  演:山口智子、布施博、段田安則、深浦加奈子、金田明夫 
     高樹沙耶、野際陽子、橋爪功、とよた真帆、瀬戸朝香
     田口浩正 ほか

 
ドラマ放送当時、僕は中学3年生。高校受験が目前でした。

無事第1志望の高校に合格し、その直後にこのドラマの最終回が放送され、それを思いっきりリラックスした状態で見たものです。さらに個人的に昔から山口智子ファンということもあって、今でも記憶に鮮明に残っているドラマです。(1991年放送のジェットコースタードラマ「もう誰も愛さない」からのファンです^^)


ちなみに僕が北海道出身だということは何度かブログ上に載せた事がありますが、北海道は東京とは違い、子供の進学に関しては公立(道立)志向が非常に強いです。(僕も小学、中学、高校と公立です。私立進学の選択肢すら僕にも家族にもありませんでした)

このドラマでは私立志向の弱い北海道は札幌から転勤で東京にやってきた井上家が私立小学校受験、いわゆる「お受験」に巻き込まれ、最終的には慶陽幼稚舎(モデルは間違いなく慶応幼稚舎)合格に向って邁進するコメディタッチのお受験ドラマです。



劇中に登場する家族は井上家の他に2家族。

桜井家(金田明夫、高樹沙耶と娘のさやか)は大金持ちである事を利用し、金にモノを言わせたお受験(学校関係者の親族の書いた絵画を買ったりなど)をします。

そして吉永家(段田安則、深浦加奈子と息子の)はガリガリのお受験一家。両親がつきっきりで子供に受験勉強をさせます。

この2家族に対して井上家は子供をのびのびと育てたい父実(布施博)と受験をさせたい母若葉(山口智子)の父宮坂武雄(橋爪功)の意見の対立や周囲に巻き込まれていく形でお受験に突き進んでいきます。

こうして井上家を中心に桜井家、吉永家の3家族のお受験模様とそれに翻弄される大人たちと子供たちをコミカルに描いています。



そして脚本は西荻弓絵。他に手がけた作品は「ダブルキッチン」、「ケイゾク」などがあります。

ということもあり、「SWEET HOME」放送前年の1993年に放送された「ダブルキッチン」の影響を受けた演出、キャストが見られます

キャストでは山口智子、野際陽子の共演。「ダブルキッチン」では嫁姑の関係でしたが、「SWEET HOME」では学習塾の教師(野際)とそこに通う母(山口)の関係。

そして演出的なものでは「ストレス発散シーン」。「ダブルキッチン」で姑の野際陽子が鼓を打ちつつ、嫁山口智子の文句を言い、逆に嫁の方は野菜などをぶった切ることで互いに相手に対するストレスを発散していました。他方で「SWEET HOME」で井上家の夫実(布施博)がバットの素振り、妻若葉(山口智子)がボクシンググローブをはめて家中の物をパンチすることで夫は妻の、妻は夫の不満を解消していました。


僕にとっては未知である「お受験」を垣間見るきっかけになった作品がこの「SWEET HOME」でした


久々に見たけどやっぱり面白いなぁ^^


【外部リンク:SWEET HOME―Wikipedia









もしよかったらクリックしてね^^


ブログランキング・にほんブログ村へ

スレッドテーマ:テレビドラマ:テレビ・ラジオ

メイン

コメント


私もこのドラマは大好きでした!!
山口智子が、めっちゃ面白いんですよね~♪
大ファン☆
私も久々に観て見ようっと☆

コメント

●しみず さん
山口智子の飾らない素の魅力溢れる作品で
僕も大好きなドラマです^^

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。