--年--月--日

●スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006年10月16日

●本多孝好『MOMENT』

今日は本多孝好『MOMENT』を紹介。

hondamoment.jpg


本多孝好『MOMENT』 集英社、2005年




舞台はとある病院。

病院は病気を治す所である一方で、死を迎える場所でもあります。

つまり生と死が隣り合わせになっている場所。



そんな病院の中で密かに語り継がれる「必殺仕事人伝説」。

この伝説は間もなく死を迎えようとしている患者の前に、必殺仕事人がが登場し、

患者が死ぬ前にしたいことを言うと仕事人が願いを叶えてくれるというもの。



その際に死を目前にして患者の心の奥底に眠る部分が一気に表出し、

人間の心の様々な側面を感じるでしょう。



ちなみに何度か当ブログ上で本多孝好の作品を紹介していますが、

未だ彼の作品の持つ世界観を表現する言葉が思い浮かびません^^;




何度か拙い言葉で説明しよう試みていますが、

また敢て無理やり表現するとしたら…

「心の底に眠るものに気付かせてくれるような感じ」と言えばいいのかなぁ。
(でもこの表現が適切なのか正直判全としません^^;)


それをサラっと表現しているんだけど、

読む側がじっくり味わうと「う?ん」と考え込んでしまう。

でも答えがなかなか見つからない。

これが説明するのが難しい作風の理由なのかもしれません。



皆さんは本多孝好の作風をどう感じましたか?

もしよかったらご意見聞かせてください^^;




【当ブログ上で紹介した本多作品】

【過去のエントリ:本多孝好『MISSING』
【過去のエントリ:本多孝好『ALONE TOGETHER』
【過去のエントリ:本多孝好『正義のミカタ』
【過去のエントリ:本多孝好『FINE DAYS』








もしよかったらクリックしてね^^


ブログランキング・にほんブログ村へ

スレッドテーマ:読んだ本。:本・雑誌

メイン

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。