--年--月--日

●スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006年10月11日

●本多孝好『ALONE TOGETHER』

今日は本多孝好『ALONE TOGETHER』を紹介。

alonetogether.jpg



著者本多孝好の本を紹介しました。

【過去のリンク:本多孝好『MISSING』

涼しげな読後感が気に入って、以来、彼の著作を買うようになりました。


今回紹介する『ALONE TOGETHER』も同じような読後感。



この作品のテーマは…う?ん難しい^^;

敢て言うとしたら「本音と建前のバランス」かな?

その中で葛藤している人たちの心に自分の心をシンクロさせ、その人の心の奥にある澱を吐き出させる不思議な能力をもつ柳瀬という人間を中心にストーリーは展開していきます。



本当に本多孝好の世界観は説明が難しいです^^;

こうやって1時間ほどディスプレーをにらめっこして、今回のエントリを書こうとしていますが、上手い表現が思いつかずに削除のくり返しです。

でも説明が難解なのが不快に感じるというのではなく、むしろそれが心地良く感じるのは彼の世界観が僕にとってツボであることだけは間違いないようです。



【当ブログ上で紹介した本多作品】

【過去のエントリ:本多孝好『MISSING』
【過去のエントリ:本多孝好『MOMENT』
【過去のエントリ:本多孝好『正義のミカタ』
【過去のエントリ:本多孝好『FINE DAYS』




もしよかったらクリックしてね^^


ブログランキング・にほんブログ村へ

スレッドテーマ:読んだ本。:本・雑誌

メイン

コメント


ようやくTBが送れるようになったので失礼しました^^


コメント

●ブタネコ さん
TBありがとうございます。

個人的には『MISSING』の方が面白く感じましたが、
『ALONE TOGETHER』も涼しげな読後感がよかったです^^

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL


トラックバック

MISSING from 『ブタネコのトラウマ』 Blog版
著:本多孝好 双葉文庫 ISBN4-575-50803-9... [Read More]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。