--年--月--日

●スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006年09月14日

●ドラマ「タイヨウのうた」の○○化?

現在TBS系で放送中のドラマ「タイヨウのうた」について感じたこと…

キャストに関して言うと、沢尻エリカ、山田孝之と僕の好物の役者さんが出演しているので毎週見ています。

「二人ともいい表情、演技するなぁ」などとお酒を傾けつつテレビに向ってブツブツ感想を言う時も確かにあります。

でもそういった良い面を考慮に入れたとしても、「出来の良くない作品」だと思います

あまり上手に表現できないんですけど、「背骨がしっかりしていない印象」

色素系乾皮症(XP)に罹っている雨音薫(沢尻エリカ)と藤代孝治(山田孝之)の「心の交流」がこの作品の背骨であるべき。なのにそれを引き立てるための他の要素の描き方があまりにもひどく、ストーリーが「なんだかなぁ」と言わずにはいられません。



では具体的な他の要素を一部挙げると…

○孝治の少年院に入っていたという過去
○孝治と歌手橘麻美(松下奈緒)との関係
(子供時代同じ孤児院で過ごした)
○麻美とプロデューサー工藤洋平(要潤)との関係と二人を恨むレイサ(原史奈)
(レイサが孝治と麻美の過去を暴露→スキャンダルに)

○スキャンダルが一因で孝治が逮捕




何かこう列挙していくと…





韓国ドラマみたいですよね?
(昔の大映ドラマみたいと言い換えても可^^;)




見ていて『「タイヨウのうた」の韓国ドラマ化』をついつい意識してしまいます。







ということはですよ…












もしかして…













孝治と薫は実は血の繋がった兄弟なんてア○な展開があったりして^^;




以上です^^;







もしよかったらクリックしてね^^

スレッドテーマ:ドラマ:テレビ・ラジオ

メイン

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。