--年--月--日

●スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006年09月04日

●「逆境ナイン」見ましたヽ(´ー`)ノ

タイトル横の顔文字についてはこちらを御覧下さい♪



今日は2005年公開の映画「逆境ナイン」の感想です。

20060904144105.jpg


◎作品データ
製作年度:2005年
上映時間:115分
監 督:羽住英一郎
原 作:島本和彦
脚  本:福田雄一
音  楽:佐藤直紀
出  演:玉山鉄二、堀北真希、田中直樹、藤岡弘、 ほか


◎簡単なストーリー紹介
ある全力学園野球部は校長(藤岡弘、)から廃部を言い渡された。そこでキャプテンの不屈闘志(玉山)は校長と甲子園出場を条件に廃部撤回を約束。しかし野球部は毎回1回戦負けの弱小野球部。しかも不屈の行く手に数々の逆境が待ち受ける。

8月31日にWOWWOWで放送されたので堀北真希目当てで視聴。

正直この映画の感想をマトモに書ける自信がありません^^;

だって…思いっきりバカ映画だから!

ということで僕がこの映作品を見るにつれてどういう心境・状態になったのか?を順を追って書き綴ってみようと思います



【第1段階】…「唖然呆然」
どう考えても実年齢に合っていない玉山鉄二の制服姿と全体から伝わる濃さ、クドさ、アツさに唖然。「見て失敗したかな…」とすら思ってしまう位。でも堀北真希のドンキでコスプレ用に売っていそうな制服姿にちょっと目を奪われる^^;

【第2段階】…「ひとりツッコミ」
あまりの「ありえなさ」にツッコミを入れだす。「なんじゃそら!」ってね^^

【第3段階】…「慣れっこ」
全体からほとばしる濃さに慣れてくる。脳みそが変なモノに冒されつつある様子^^;

【第4段階】…「ほくそえむ」
クドさ、ありえなさは相変わらず。でも慣れたのか「ふふふ」とほくそえむ。堀北真希演ずる月田の惚けた演技が究極的にかわいい。

【第4段階】…「大爆笑」
野球部監督榊原剛(田中直樹)登場。彼のセリフのひとつひとつがあまりに僕のツボを刺激し、大爆笑。以降あまりのくだらなさ―例えば藤原弘が海辺をさわやかに駆け巡るシーンなど―で大声で笑いまくる

【第5段階】…「脳みそが、脳みそが?!」
あまりのオバかっぷりに完全にありえなさの感受性が破壊、脳みそがイカれた(逝かれた?)状態に陥る^^

【第6段階】…「感動」
決勝戦の場面では感動すらする。

【第7段階】…「ずっこける」
ここまでアツい映画なんだからエンディングは水木一郎などが歌うの熱い曲なのかな?と思いきや、最高にさわやかな岡村孝子の「夢をあきらめないで」が流れ、ずっこける。(確かに歌詞はこの作品にぴったりなんだけどね^^)


もうね…ここまでオバカだとお見事!

もう最高だね!

特にココリコ田中!

「野球は知らないが、人生は知っている」
「それはそれ、これはこれ」…

数々の名言に笑わせてもらったよ!













( ´ー`)フゥー


さて、ほんの少し落ち着いてこの映画について感想を言いますと、確信犯的にバカに徹した作品だと思います。主人公不屈を演じた玉山鉄二、マネージャー月田役の堀北真希、監督榊原役のココリコ田中を筆頭にオーバーな演技におバカ演出。

でもそこまでバカに徹すると清々しさすら感じます

「逆境に置かれても諦めない」ことをテーマにそれを熱く描いている作品と言えるでしょう。

個人的にかなり好きな作品
(「スペシャル版DVDを買おうかな」とまで思うくらいですし^^;)


とにかくバカ映画ファンは見て損はしません!

さぁ!みんなもこの映画を見て熱くなろう!




以上です^^;







「逆境?バッチコーイ!」と思う人も思わない人もクリックしてね^^

スレッドテーマ:映画感想:映画

メイン

コメント


心境の段階がすごく面白いですww

私は借りて観たのですがうんぼぼさん同様に一瞬だけ後悔しましたが、気が付いたら持っていたクッションを床に叩きつけながら爆笑していました。

>脳みそがイカれた(逝かれた?)状態に陥る
逝かれた!!まさにその通りです!!
また観たくなってきました。

コメント

●黒川 さん
「時効警察」「マイボス」が好きな黒川さんなら
たぶん「逆境ナイン」はツボだろうなと思っていましたが、
やはりそうでしたか^^

>また観たくなってきました。

僕も同じですw
ツタヤでレンタルしてこようと目論んでいます^^

コメント


おひさです、お元気そうで何よりです(^o^)/
うんぼぼしゃんのコメント読んで、
こりゃ絶対見なければあきませんな・・・
と感じました。
作品は前々から気になっていたのです、
玉山鉄二のおバカっぷり、期待ですね~~
映画「ナナ」の玉山氏も、ある意味笑えました、(漫画読んでたもんで)
最近ツタヤからも遠ざかっています、そろそろ映画にハマりたいっっ

コメント

●モモレンジャー さん
レスの方遅れて申し訳ありません。

正直言って最初の30分は唖然とします。
でもそれを乗り越えたら、最高に笑えますよ。

玉鉄演ずる不屈闘志の無駄にポジティブな姿勢もさることながら、
ココリコ田中には思いっきり笑うこと間違いなしです。

見ましたら是非感想を聞かせて下さいね!


コメント


ちと時間が経ってしまいましたが^^;

うんぼぼさんの記事を拝読して試しに見ました


透明ランナー制を見て 遠き昔の少年の日を思い出しました。

コメント

●ブタネコ さん
僕の方は透明ランナー制を見て
「俺がルールブックだ!」の名言を思い出しました^^

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。