--年--月--日

●スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006年08月07日

●なんてこったい!

今日起床してラジオにスイッチを入れた時、恐ろしいニュースを知りました


伊東美咲の彼氏を一般人から募集!

高橋留美子氏原作の人気コミック「めぞん一刻」が、伊東美咲(29)主演で初めてドラマ化され、相手役を一般オーディションで選ぶことが6日、発表された。テレビ朝日系のスペシャルドラマ(来春放送)だが、シリーズ化する予定。伊東の彼氏に抜てきされるシンデレラボーイは10月中旬に決定する。

幅広い年代に根強い人気を持つ原作だけに、注目を集めるのは必至。しかも、若手トップ女優の恋人役?。重責がかかる役どころに素人起用を決めた理由をテレビ朝日の内山聖子プロデューサーはこう説明した。「フレッシュで、響子さんに出会って成長していく人材がほしいから」。

「響子さん」はヒロインの音無響子のこと。「めぞん?」は80?87年に漫画誌ビッグコミックスピリッツに連載され、爆発的人気を誇った。古いアパート「一刻館」を舞台に、夫に先立たれた若い管理人=響子と住人の浪人生=五代裕作の恋の行方を描く。86年に石原真理子、石黒賢で映画化されたが、ドラマ化は意外にも今回が初めて。同局は「90年代のトレンディードラマにも影響を与えたラブコメの原点で、今も新鮮に感じる作品」と話す。

ヒロインは「みんながあこがれるセクシーな響子さんは、美咲ちゃんをおいてほかにいない」(内山氏)と決まったが、相手の五代役については新鮮さを最重要ポイントにしたため、オーディションで選ぶことにした。世間に名前が知られてなくても、既に芸能事務所に所属している人などは完全に排除。文字通り真っ白な新人を抜てきする。最終選考は10月中旬で、脚本の岡田恵和氏や伊東も審査員を務める。

伊東は「ゆかいなキャラクターに囲まれるラブコメディーなので、今から撮影が楽しみです。五代君役も皆さんにチャンスがあると思いますし、たくさんの人に応募してもらえたらうれしいです。どんな方が選ばれるのか、私も楽しみです」と話している。

[2006年8月7日8時29分 紙面から]

ニュースソース:日刊スポーツより
http://www.nikkansports.com/entertainment/p-et-tp0-20060807-71993.html







勘弁してくださいよ!


何で伊東美咲?


そもそも伊東美咲って「若手トップ女優」なの?


もしかして一般的な認識ではそうなの?


そんな認識糞くらえです^^;
(ちなみに僕から見たら彼女は「学芸会レベル」ですよ←学芸会に失礼な表現かなぁ^^;)





しかもプロデューサーの発言の中で…


ヒロインは「みんながあこがれるセクシーな響子さんは、美咲ちゃんをおいてほかにいない」(内山氏)


この内○ってPは絶対にどこかおかしくなっていると思うな


そもそもヒロイン音無響子のイメージに伊東美咲はあっていないしね









めぞん一刻ファンの僕にとってはかなりヘヴィーなニュースでした









この鬱憤(?)を発散する為に…


とりあえず原作版のレビューを後日掲載する事にします^^

高橋留美子『めぞん一刻』






オタクっぽいな(ヤレヤレ)と思った人も思わない人もクリックしてね^^



スレッドテーマ:テレビドラマ:テレビ・ラジオ

メイン

コメント

●あはは
ちなみに僕から見たら彼女は「学芸会レベル」ですよ←学芸会に失礼な表現かなぁ^^;)
あっはっは、その毒舌にポチ!

(実はペガサスは、めぞん一刻も伊東美咲も知らないんだけどね

コメント

●情報up早いですね!
私もさっき知ってv-12でした。

>ちなみに僕から見たら彼女は「学芸会レベル」ですよ←学芸会に失礼な表現かなぁ^^;)
座布団1枚v-218!ポチしておきます(=^^=)。

唐沢版「白い巨塔」といい、最近のTV界は一体どうなっているのやらv-219…。

せめて脇役陣にだけは期待しましょう。


コメント

●ショック!
こんばんは~

私もこのニュースを知ったときは衝撃でした。。
めぞん一刻、私も好きなんです。
前に、ドラマ化の噂を聞いて密かに楽しみにしていたのに
響子さん=伊東美咲だとぉ~~(屮▼皿▼)屮
この際、彼女の演技力は置いておいても
響子さんとイメージが違うっ!!ていうのがどうしても納得できません(>_<)

彼女が演じる響子さん・・安易に想像できてしまいました。
・・・・・・・やっぱり演技力大切ですね。。

コメント

●ペガサス さん
伊東美咲は世間では美人と言われていますが(個人的には無機質なマネキンみたいでちょっと苦手な顔立ちです)、演技の方は…ある種凄いですよ^^;

『めぞん一刻』については近日中に拙ブログ上で紹介しますね♪

ポチっとありがとうございます!

コメント

●猫型人間 さん
僕の中では実写版の音無響子は
鈴木京香、ミムラなんかがいいなぁと思っているので、
「伊東美咲?ふざけんじゃねぇ」という思いを
ブログ上でぶつけた次第です^^;


>唐沢版「白い巨塔」といい、最近のTV界は一体どうなっているのやら…。

猫型人間さんは唐沢版「白い巨塔」ダメでしたか?
僕はかなり面白かったように思いました^^

里見医師が単なる「善の塊」として描いたのに比べて財前医師の清濁併せ持った医者としての要素が深く描かれていたので、財前に共感をもって見ていました。

「白い巨塔」は個人的にかなり好きなドラマの一つです。

ポチっとクリックありがとうございます♪

コメント

●アコ さん
(屮▼皿▼)屮
↑この気持ちよ~~~~くわかります^^

「伊東美咲は音無響子じゃな~い!!」と思います^^;

あれこれと文句を言いつつも見るような気がしてなりませんが…
やっぱり伊東美咲は違うんだよなぁ

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。